マブイ六甲とは

マブイとは、魂・ゆるぎない真心を意味する沖縄の言葉

はじめに

2006年11月20日、兵庫県より認証を受理し、同年12月4日に法人格を取得しました。
1999年4月より、神戸市保健福祉局運営補助対象となった小規模作業所「未来をひらく・マブイ六甲」を、従来の任意団体による運営から、継承・発展させて運営しています。

灘区灘北通4丁目に「4階建て・障がい者地域活動拠点施設」の建築構想を公表した2005年4月から4年を経て、(財)JKA・兵庫県・木口ひょうご地域振興財団の建築補助金、200を超える個人・団体の建設寄付金と、家族分担金により、2009年4月、兵庫県福祉のまちづくり条例に基づく新施設の完成と移転を実現しました。
さらに、兵庫県の「2011年度・空き店舗を施設の出張所等として活用するモデル事業」の対象に選抜され、2011年10月より灘中央筋商店街に、出張所として「クリーニング店 クリーナーズ・マブイ六甲」を開店しました。
"地域活動拠点施設から、まちへ、地域の方々へと、障がい者本人が仕事を拡げ、地域社会を豊かに耕す”を基本理念に活動しています。
更なる地域活動の実現をめざして、2013年11月よりクリーニング店の向かいに「100円ショップ・まぶ家」を開店しました。

法人役員 : 主な経歴

理  事  長

 佐々木 勝也
未来をひらく・マブイ六甲 施設長
灘中央筋商店街 理事
自立支援協議会「きらく共生部会」部会長

副理事長

  浦上 忠文
神戸市会議員(無所属) 元 神戸市立御影北小学校 PTA会長
元 大丸神戸店「くじゃく通信」編集長

副理事長

  伊東 薫
元 幼稚園教諭
未来をひらく・マブイ六甲管理職

副理事長

  山崎 康博
弁護士

理       事

 木下 和子
利用者家族

理       事

 西田 智子
利用者家族

理       事

 西本 ひろみ
利用者家族

理       事

 佐々木 尚身
利用者家族

監       事

 小林 浩二
税理士
元 国税局マルサ

沿革

1999年4月 小規模作業所「未来をひらく・マブイ六甲」を、灘区畑原通2丁目に開設
2001年4月 「未来をひらく・マブイ六甲(灘)」と「未来をひらく・マブイ六甲(東灘)」の2カ所に拡大
2002年4月 「未来をひらく・マブイ六甲(東灘)」を、御影本町8丁目の阪神電車高架下に移転。
「未来をひらく・マブイ六甲(灘)」の運営を移管
2004年9月 神戸市・社会福祉法人審査会が、社会福祉法人マブイ六甲設立の国への推薦を承認
2006年3月 「障害者自立支援法」の新体系では、社会福祉法人化がみとめられず、社会福祉法人マブイ六甲設立が消滅。
2006年12月 「特定非営利活動法人マブイ六甲」を創立
2007年7月 「第16回コープこうべ虹の賞・奨励賞」を受賞
2008年4月 財団法人JKA(旧日本自転車振興会)より建築整備事業の補助内定
2009年4月 「障害者地域活動拠点 未来をひらく・マブイ六甲タワー」完成・移転
2010年2月 就労継続支援B型に移行
2011年10月 「クリーニング店 クリーナーズ・マブイ六甲」を、灘中央筋商店街にオープン
2013年11月 「100円ショップ・まぶ家」を、灘中央筋商店街にオープン

主な仕事の取引先

  • (株)CBS:兵庫県福祉センタービル清掃
  • NPO法人 神戸レインボー:マンション レオパレス21巡回清掃
  • (株)nokoso:市営住宅清掃
  • 阪神産業(株):マンション清掃の委託、駐車場清掃
  • (社福)神戸婦人同情会 青谷愛児園:保育園の清掃
  • ゼストフーズ:ホテルのルームシェアの清掃
  • 南貿易(株):輸入雑貨の検品・補修作業
  • ホワイト急便 摩耶:クリーニング取次店・集配(店名:クリーナーズ マブイ六甲)
  • ろっこう医療生活協同組合 東雲診療所・六甲道診療所、都診療所:業務服クリーニング集配
  • 店名:100円均一店 まぶ家
  • 神戸東リビング:同新聞の折込みポスティング
  • 議員広報誌:いさか新聞、浦上新聞のポスティング
  • ASAグリーンファミリー企画センター:朝日新聞定期購読者の粗品作り
  • (株)ジェームス・アソシエイツ:電線の剥離作業
  • もみの木動物病院:DM製作
  • 某企業:コーヒー豆小分け作業
  • 郵便関係の取次ぎ・販売
  • 豊能障害者労働センター:カレンダーの販売・配達
  • (有)スリーリッチ研究所:Tシャツ・トレーナーの受注・販売
  • お祭り出店、他